出産や加齢によって起こりやすい膣の緩み。入浴後しばらくすると膣から水が出てきたり、座った時に膣から空気が漏れる音がしたり…こんな経験がある人は要注意です。膣の緩みを改善するために、近年注目されている膣縮小について、ぜひ知っておきましょう!

膣縮小ってどういうこと?

膣縮小とは緩んでしまった膣を改善するケアのことです。自宅でできる膣周辺の筋肉を鍛えるトレーニングから、膣の締まりをよくする外科手術まで、さまざまな方法があります。効果の表れ方にも違いがあるので、自分の緩みの程度やライフスタイル、どのくらい改善したいかなどを検討した上で、最適な方法を選びましょう。

膣縮小で改善できる症状とは

膣の緩みの主な原因は、

  • 骨盤底筋群という、膣や尿道、肛門周辺の一連の筋肉が衰える
  • 加齢によってコラーゲン量が低下し、膣壁そのものがやせて弾力がなくなってくる

この2つです。

骨盤底筋群は膣や尿道、肛門を締めたり、内臓を支える働きがあるため、筋力の低下は膣の緩みだけでなく、尿漏れや便秘、子宮が下がったりお腹がポッコリ出てしまうといった症状が表れやすくなります。しかし、「膣トレ」で骨盤底筋群を鍛えることで、これらの症状の改善・予防が可能です。

膣の緩みは性生活にも大きな影響があります。特に出産後、パートナーから「緩い」と指摘されて、ショックで性交を避けるようになってしまった、自分でも何だか緩くなったような気がして、性的満足が得られなくなった…こんな話はよく聞かれます。膣縮小は締まりをよくするだけでなく、専門医による処置や手術によっては膣の弾力を取り戻し、性感を高めることも可能です。

膣縮小にはどんな方法がある?

膣縮小にはさまざまな方法がありますが、膣の緩みの程度に合わせて選ぶことが大切です。例えば、骨盤臓器脱が起きるほどの緩みになると、自力で何とかしようとするのは無理ですし、トレーニングを1ヶ月以上続けても、効果が感じられない時は専門医に相談する方がよいでしょう。女性器形成クリニックや美容外科、婦人科でも検査することができるので、実際に自分の膣の緩みがどの程度なのかはっきりさせてから対策をすると効率的です。

骨盤底筋群のトレーニング(膣トレ)

骨盤底筋群のトレーニングは、ケーゲル体操の名でも知られ、多くの産婦人科で産後のケアに取り入れています。やり方が簡単で、どこでもできること、費用がまったく必要ないというメリットがあります。
個人差はありますが、継続すれば1ヶ月ほどで効果が実感できます。

専用の器具を膣内に挿入して行うと、引き締める感覚がわかりやすいでしょう。また、器具の重さや形状を変えることで、骨盤底筋群の筋力や膣圧アップも期待できます。しかし、継続しなければ効果がないこと、トレーニングを止めてしまえば元に戻ってしまう恐れがあるなど、デメリットもあります。

ボリュームフィラー・パールフィラー

やせてしまった膣内壁に、フィラーと呼ばれるヒアルロン酸や非吸収性のインプラントを直接注入する方法です。即効性があり、術後のダウンタイムも短くすむのが特徴です。パールフィラーの効果は半永久的ですが、ボリュームフィラーは1~2年で吸収されてしまうので、再度施術が必要になること、どちらも費用が高額になるのがデメリットです。

ビビーブ

高周波を使用した治療機器です。深部まで熱エネルギーが届くことで、コラーゲンの再構築を促進し、膣壁の若返りを図るものです。施術時間は20分ほどで痛みもなく、早ければ7日ほどで効果が実感できます。しかし、費用が高額なこと、年に1度の照射が必要というデメリットもあります。

膣縮小手術

外科手術で緩んだ膣壁を切除・縫合、断裂した筋肉も縫合して形成します。外から膣壁が見えるほど緩んでいる人に特におすすめです。しかし、筋肉をきつめに縫合するため、術後の経腟出産はできなくなるので、妊娠の可能性がある人はよく検討しましょう。費用は健康保険の適用外なので高額になりますが、効果は半永久的です。

膣縮小で膣の悩みを改善しよう

膣の緩みは不快なだけでなく、女性としての自信にも関わる問題です。膣トレをしてみても効果がない、あるいは続けられそうにないという人は、早めに専門医で相談してみましょう。適切な対策を提案してもらえますし、どの程度緩んでいるのかを確認することができます。
女性器のお悩みなら女性器形成の第一人者のみつゆきみどりのお悩み相談室がおすすめです。ちょっとしたお悩みから施術まで対応して頂けます。