出産や加齢、運動不足などによって起こる膣の緩み。水が入る、空気が漏れる音がするなどの不快な症状に加えて、パートナーから心無い指摘を受けたり、「自分は緩いのではないか?」と気になって性生活に支障を来すことも。膣縮小にはこうした症状を改善し、悩みから解放されるというメリットがあります。

膣縮小にはどんな方法がある?
膣縮小の方法は、大きく分けて、

  • 骨盤底筋群の筋力を鍛える
  • 膣壁を引き締める治療や外科手術で改善する
  • この2つです。

    前者は「膣トレ」とも呼ばれ、体操や器具を使って骨盤底筋群のトレーニングをすることで膣の締まりをよくする方法です。すぐに始められること、費用がほとんどかからないのがメリットですが、効果が表れるまでにある程度継続して行う必要があります。

    もう一方は、女性器形成クリニックや美容外科などの専門医で、緩んだ膣壁を治療器具を使って引き締めたり、外科手術で締まりを取り戻す方法です。
    レーザーや高周波を使用したインティマ―レーザーやビビーブは、数回の施術で効果を実感できることができ、ダウンタイムがほとんどないのがメリットです。
    膣壁にヒアルロン酸や非吸収性のインプラントを注入するパールフィラー・ボリュームフィラー、緩んだ膣壁を切除・縫合してタイトニングする膣縮小術は、効果が半永久的に持続するのが魅力。
    いずれの方法も費用はかかりますが、膣の緩みを確実に改善したい場合におすすめです。

    膣縮小のメリット

    膣縮小のメリットはなんと言っても不快な症状から解放されることです。入浴やプールの後、膣から水が出てきて下着やボトムがびしょ濡れ、座った時や性交時に空気が漏れておならのような音がする…想像しただけでも憂鬱になりますよね。

    また、膣が緩いことをパートナーに指摘されるのは精神的ダメージも大きいでしょう。相手が軽い気持ちで言ったとしても、言われた方はショックですよね。実際、それが原因でセックスに消極的になってしまう人も少なくありません。膣縮小はこうした性生活のトラブルも改善するだけでなく、性感を高める効果も期待できます。

    骨盤底筋群を鍛える膣トレは、膣の緩みだけでなく尿漏れや便秘といった症状の改善にも有効です。内臓をしっかり支えることができるようになるので、ポッコリお腹を何とかしたい人にもおすすめ。

    膣の緩みを放っておくとどうなる?

    膣の緩みの原因が骨盤底筋群の衰えである場合、放置しておくと症状が進行する恐れがあります。尿漏れや便秘を伴うのであれば、膣トレを試してみてください。緩みが軽度ならセルフケアでも効果が期待できます。

    自分の膣が緩んでいるかどうかの簡単なチェック法として、尿を途中で止めることができるか、膣に指を挿入して力を入れた時に圧を感じるか、などがあります。いずれもNOという人は、膣トレを始めたり専門医で相談してください。自分で意識して尿を止めるだけでも膣トレになるので、できない人はトイレの度に実践してみるとよいでしょう。

    骨盤底筋群の衰えは、子宮脱や膣脱といった骨盤内臓器脱に繋がります。骨盤底筋群が子宮や膀胱を支えきれなくなるために起こる症状ですが、ひどくなると膣壁が外から見えるほど下がってしまうこともあります。

    また、膣壁がやせてくると弾力や潤いも失われるため、性交痛を起こしやすくなります。膣が緩む上、痛みもあるのでは、セックスにも消極的になってしまいそうですよね。パートナーとの関係にも影響しかねません。

    膣縮小で快適な毎日を取り戻そう!

    膣縮小はどの方法でもメリットの方が多いので、膣の緩みが気になる人はぜひ試してみてください。女性器形成クリニックや美容外科の無料カウンセリングを利用して、専門医に相談するのもおすすめです。まずは自分の膣の状態をチェックして、適切な膣縮小法を選んでくださいね。