膣の緩みは骨盤底筋群の衰えや膣壁が薄くなることで起こります。では、なぜ筋肉が衰えたり膣壁自体がやせてしまうのでしょうか?改善のためには、原因を知ることが不可欠。その上で対策をすれば、症状が進むのを抑える効果も期待できます。ぜひ知っておきましょう。

骨盤底筋群の衰えとその原因

骨盤底筋群は、骨盤の穴をふさぐように存在する一連の筋肉の総称です。ベルトのような形状をしており、子宮や膀胱、直腸を支え、腹圧を高める働きがあります。しかし、何らかの理由で断裂したり伸縮性が衰えてしまうと、内臓が下がってきたり、尿漏れや膣の緩み、便秘といった症状を引き起こします。

妊娠・出産

妊娠中にだんだん大きくなる子宮や胎児を支え、さらに出産時にいきむことで骨盤底筋群はダメージを受けてしまいます。伸びきってしまったゴムを想像すると分かりやすいでしょう。もちろんトレーニングによってある程度は回復しますが、完全には元に戻りません。また、断裂してしまうこともあります。

加齢

年齢とともに、筋力は自然に低下していきます。骨盤底筋群も例外ではありません。適度な運動が推奨されるのは、日常生活だけでは筋力を維持するには不十分だからです。

肥満

肥満も妊娠と同じように、骨盤底筋群に負荷がかかります。標準体重よりかなり多い人は注意が必要です。膣の緩み対策と併せて、ダイエットも検討するとよいでしょう。

姿勢の悪さ・運動不足

普段座りっぱなしであまり動かない人や、体を動かす習慣のない人は知らない間に骨盤底筋群が衰えてしまう恐れがあります。また、猫背や腰を丸めて座る癖があると、腹筋などの筋力低下に繋がるだけでなく、骨盤底筋群にダメージを与えてしまう可能性も。

便秘

慢性的に便秘の人は、日常的に骨盤底筋群に負荷をかけています。骨盤底筋群が衰えると、自然に腹圧も低下するので、さらに便秘になりやすいという悪循環に陥ってしまいかねません。

膣壁が薄くなることとその原因

膣が緩むもう一つの原因である「膣壁がやせる」主な理由は加齢です。特に閉経後の女性に顕著に見られます。女性ホルモンの分泌量減少によって、泌尿器・生殖器の成長や機能もまた低下するので、膣壁の上皮層が薄く、萎縮していくのです。

また、膣の弾力の源は肌と同じコラーゲンです。コラーゲンの生成量は20代半ばをピークとして、以後は徐々に減少します。若い頃はプリプリしていた肌にシワやたるみが起こるのはこのため。同様の現象が膣壁にも起こるため、弾力がなくなり、緩みや性交痛に繋がるのです。また、ホルモンバランスの乱れもコラーゲンの生成に影響を及ぼします。妊娠・出産や閉経だけでなく、ストレスや不規則な生活習慣でもホルモンバランスが乱れる原因になるので、注意が必要です。

膣の緩みを改善するには

膣の緩みを改善するには、骨盤底筋群を鍛えるトレーニング(膣トレ)やケーゲル体操、萎縮した膣壁を切除・縫合する手術などさまざまな方法があります。まずは女性器形成クリニックなど専門医で膣がどの程度緩んでいるのか、外科的な治療や手術が必要なのかを検査してもらうとよいでしょう。

また、膣トレや治療と併せて、膣が緩む原因を取り除くことでより効果が期待できます。肥満気味ならダイエットを、慢性的な便秘なら食生活の見直しや適度な運動を、といったことですね。原因をそのままにしておくと、せっかく膣トレや治療をしてもまた緩んでしまう可能性があります。効果を高めるだけでなく、予防の意味でもおすすめです。

膣の緩みを改善して快適に!

膣の緩みが気になる人はもちろん、「もしかしたら緩いかも?」と心配な人は、膣が緩む原因をチェックしてみましょう。思い当たることがあったら、女性器形成クリニックや美容外科など専門医で相談してみてください。適切なアドバイスや治療の提案をしてもらえますし、自分の体についても知ることができますよ。